タクシー会社や柔道整復師、ナース、エンジニアとして働くには

柔道整復師になろう

骨つぎなどの施術を行う柔道整復師

骨つぎといわれるような仕事をしているのが柔道整復師です。接骨師としても知られるこの仕事は厚生労働省が許可した専門の養成施設を三年以上就学することによってこの柔道整復師の資格を取得することが出来るものです。日本古来からある伝統的な手技を行うもので、骨折や脱臼といったようなものの治療を行うことが出来るのです。柔道整復師の仕事は業務独占資格ですので、この仕事が出来るのは、柔道整復師と医師だけです。それだけこの仕事が専門性があり、多くの知識を必要とするといえるでしょう。体を扱うことになるので、経験も必要となるものです。最近では、さまざまな場面で活躍をするようになっていて、多くの需要がある仕事といえるでしょう。

整体院で働く人もいる

柔道整復師は整体院で働く人もいるのです。この資格を持っている人は、鍼灸や整体、あん摩マッサージといったような資格を併せて取得している人も多くいるのです。これは、こういった資格が東洋医学を基本としていて、西洋医学のような外科的な療法とちがって、体に負担の少ないものとなっていて、考え方が似通っているといったこともあって、このような資格を取得している人はかなりいるのです。そして、整体院などで働くといったこともあるのです。また、最近ではスポーツトレーナーといったようなスポーツのトレーニング方法を指導するような仕事もする人も登場しているのです。体の構造といったものを理解しているので、そういったことも考えられるのです。